HOME ねむの木について コース・メニュー ご予約 アクセス ブログ
 HOME > ねむの木について
ねむの木について
セラピスト紹介
おもてなし・こだわり
 

ねむの木について

「ねむの木」― 名前の由来と特長

ねむの木は、"安らぎ"という花言葉をもつマメ科の落葉高木。
ねむの木の葉は鳥の羽のように開いていますが、夜になるとまるで眠るように葉を閉じます。

私のサロンにいる時だけは、ねむの木が葉を閉じるよう、お客さまに心も身体も休めてほしい…
そんな思いをこめて、《アロマ&リフレクソロジー ねむの木》と名付けました。

《アロマ&リフレクソロジー ねむの木》は、セラピスト・竹本のたくさんの小さな思いが詰まった、お客さまとのセラピスト1対1のプライベートな空間です。
リラクゼーションだけではなく、身体の不調の予防・改善のサポートを提案させていただきます。

ねむの木のトリートメントの特長

《アロマ&リフレクソロジー ねむの木》のアロマオイルトリートメントや英国式リフレクソロジーは、凝りをしっかりほぐすトリートメントです。
しっかりコリをほぐし、そのほぐされた老廃物をリンパ節へ流しこんでいく"痛気持ちよい刺激"の施術です。

痛気持ちよい刺激がクセになる

アロマトリートメントや英国式リフレクソロジーでも、こんなにスッキリするなんて!

トリートメントの効果が、長く続いてるみたい

当サロンのトリートメントは、

頑固な凝り症で、強く揉んだり押したりしてもらわないともの足りないの!

そうおっしゃるお客さまほど、こんなふうに絶賛してくださいます。

アロマオイルトリートメントや英国式リフレクソロジー、ときくと

気持ちが良いけれど、ソフトすぎてちょっともの足りない感じ…

というイメージをお持ちの方も、実は多いのではないでしょうか?
そうおっしゃる方にこそ、《アロマ&リフレクソロジー ねむの木》のトリートメントを体験していただきたいのです。

《アロマ&リフレクソロジー ねむの木》は、お客様のご要望に合わせたトリートメントを心がけておりますので、もちろん

ソフトな施術が好き。

少しでも痛いのはいや!

とおっしゃるお客さまのご要望にもお応えいたします。

アロマテラピーって?

「自然植物が持つ香りの成分を使い、身体や心を元気にする健康法」を"アロマテラピー"といいます。

多くの効果・効能を持つ自然植物の恵みを、トリートメントや芳香浴、ハーブティーを飲む等して体内に取り込むことで、マイナスの感情をプラスへ、高ぶりすぎた感情を穏やかな感情へ導き、自己治癒力を高めるお手伝いをします。

ストレス等の影響で自己治癒力が弱まると、人は病気になりやすかったり、治りづらくなったりします。

疲れた時に甘い香りをかいだら、「なんとなく」元気が出た


体調の悪い時にスーッとした香りをかいだら、「なんとなく」スッキリした

…なんて経験はありませんか?

自然植物の香りには、人工的な香りにはないさまざまな薬理作用があり、身体と心の双方に働きかけます。

アロマテラピーは、健康的で楽しく幸せなライフスタイルをサポートするための1つの方法、といえます。

リフレクソロジーって?

「手や足を刺激することにより、身体や心を前向きで健康な状態にするお手伝いをしてくれる健康法」が"リフレクソロジー"。

たとえば、身体に問題がなければ、健康というわけではありません。
身体・心・環境のバランスがとれて初めて、健康と言えるのではないでしょうか?

またリフレクソロジーは、単に身体の疲れを取ったり、ストレス解消するためだけのものではありません。

身体全体の臓器や器官が、足・手・耳等に地図のように縮小されている ― それこそが、リフレクソロジーの考え方。足・手・耳などを押したり刺激したりすることで、血行を促進、また全身の機能を活性化し、自律神経に働きかけます。
ひいては、心と身体のトータル的なバランスを整え、自身のもつ自然治癒力を最大限に引き出す助けになります。

リフレクソロジーは、心と身体をつなぐ架け橋ともいえます。

アロマテラピー/リフレクソロジーで改善が期待できる症状

慢性的な不調の改善、体力・免疫力の向上をサポートできます。

  • 不眠
  • ストレス
  • 月経痛/月経不順
  • PMS
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 眼精疲労
  • 花粉症
  • むくみ
  • 冷え
  • 慢性疲労
  • 便秘

など…

注意

アロマテラピーやリフレクソロジーは、治療行為ではありません。
自己治癒力を高めるためのサポートをする健康法の1つです。

▲ページトップへ